松村ギター

 松村ギターと思い出の会が12月29日松村雅亘先生のギター工房で行われました。私は2010年の松村先生に製作頂いた愛器と1984年№40中古で購入した松村ギター2本を持ってゆきました。
 1984年といえば、先生のつくる楽器でも、鉄下駄と呼ばれた時代のギターなのですが、私が購入したギターは弦高が低く、端正な音づくり、とても美しくバランスのとれたブレのない和声に包まれます。ダイナミックさは2010年もの(近年のもの)は本当に素晴らしく先生のあくなき探究が感じられます。
2010年の松村ギターがあり、子ども達のギターの道が大きくひらけました。
1984年の松村ギターは・・・主人のギターになるのかな?
先生が私を応援してくださって、このギターにたどり着いたのかもしれません。
もっともっと育ってゆく松村に会いたかった・・・

先生を惜しみながら、先生との楽しい思い出をたくさんの方と共有できて、今年も静かに暮れてゆきます。来年は松村2本で二重奏。楽しみができました。

演奏会

2016年3月26日(土)

ギタージョイントコンサート

八尾プリズムホール

レセプションホール

午後2時開演

ソリスト6名の共演お楽しみに・・・
松島多見も出演です。