松村ギター

 松村ギターと思い出の会が12月29日松村雅亘先生のギター工房で行われました。私は2010年の松村先生に製作頂いた愛器と1984年№40中古で購入した松村ギター2本を持ってゆきました。
 1984年といえば、先生のつくる楽器でも、鉄下駄と呼ばれた時代のギターなのですが、私が購入したギターは弦高が低く、端正な音づくり、とても美しくバランスのとれたブレのない和声に包まれます。ダイナミックさは2010年もの(近年のもの)は本当に素晴らしく先生のあくなき探究が感じられます。
2010年の松村ギターがあり、子ども達のギターの道が大きくひらけました。
1984年の松村ギターは・・・主人のギターになるのかな?
先生が私を応援してくださって、このギターにたどり着いたのかもしれません。
もっともっと育ってゆく松村に会いたかった・・・

先生を惜しみながら、先生との楽しい思い出をたくさんの方と共有できて、今年も静かに暮れてゆきます。来年は松村2本で二重奏。楽しみができました。

🌸 演奏会情報 🌸

  2019年2月24日(日)

 吹田メイシアターホール
  🎸 松島淳 🎸
 第43回ギター音楽大賞
 優勝記念 リサイタル

 松島淳(プロフィール)

3歳より松島多見の恩師、木村英明氏に師事。山陰ギターコンクールで舞台表現の楽しさを発見し、以後は日本ギターコンクールをはじめ様々なコンクールの舞台で成果をあげてきた。

2017年は第25回名古屋ギターコンクール優勝。
第43回ギター音楽大賞優勝。
2018年JGAギター音楽祭奏者・名古屋ギターコンクールゲスト奏者として演奏。

現在は京都市在住
猪居謙氏に師事。